栄養素

アルコール育毛シャンプーのデメリット

男性は髪の毛が抜けやすく、将来的に頭が禿げてしまう可能性が女性よりも高いのですが、その原因は男性ホルモンにあり、このホルモンのバランスによって同じ男性であってもそれぞれが禿げやすかったり、逆にそうでなかったりするのです。
ですが、一概にホルモンだけが頭がはげてしまうことの原因であるとはいえません。
ホルモン以外の原因として言えることは、毎日のシャンプーについてです。

基本的に頭は毎日洗うものですけれど、その際にはシャンプを利用するのが一般的であり、男性のほとんども市販されいるシャンプーを利用しているのではないでしょうか。
実はこのシャンプーの種類、含まれている成分によっては髪が抜けやすくなってしまうことがあるのです。
髪には毛根と呼ばれる付け根の部分があり、毛根は頭皮の中に埋まっているのですが、シャンプーをすることにより頭皮に影響が出てしまうことがあるので、その結果として髪が抜けてしまうこともあるのです。

大体の方が使っているものは育毛シャンプーでなくアルコールシャンプーであると思いますが、他の製品と比べても非常に安価ですし、また洗浄力も強いですので荒い上がりがさっぱりとする、などと特徴を持っています。
ですが、この洗浄力の強さが頭皮に悪い影響を与えてしまうのです。
それは、洗浄力が強すぎるせいで肌のあぶらを落としすぎてしまうということなのですが、肌はある一定の量のあぶらを常に保っていて、そうすることで乾燥によるダメージを受けることを防いでいるのです。
ですが、あぶらをとりすぎてしまうと肌が乾燥してしまい、それによりダメージが生じて直にストレスを受けてしまうことになるので、その分髪の毛が抜けやすくなってしまうのです。
ですから、アルコールシャンプー以外の、たとえばアミノ酸系育毛シャンプーなどの刺激の弱い種類のものを使うことによって抜け毛を減らすことができるようになるでしょうし、髪の毛の量を増やすことも可能になるといえます。

Copyright(C) 2013 髪には欠かせない栄養素 All Rights Reserved.